新人看護師がクリニックへ転職する際の注意点

新人看護師がクリニックへ転職する際の注意点

看護師の特徴として、新人から3年目までに離職してしまう人の多い点がよく指摘されています。仕事がハードで体がついていかないとか、人間関係に悩んで離職するケースが結構多いです。仕事がハードだったからという人の中には、クリニックへの転職を考えている人もいるかもしれません。クリニックなら夜勤はないでしょうし、日曜日は休診としている所も多いからです。

 

しかしまだ看護師としてのキャリアが3年未満の人は、クリニックへの転職はあまりお勧めできません。というのも、病院であれば先輩の看護師がマンツーマンで指導してくれたり、研修プログラムが充実していたりします。しかしクリニックは人手が多くないので、そのような教育をしている余裕がないのです。ほとんどのクリニックで新人教育はほぼ皆無です。

 

ですから新人看護師でクリニックに転職を希望しても、まずは病院で看護師にとって必要なスキルをマスターする所から始めてください。そして一人前になったところで、クリニックへの転職を検討すべきです。