クリニックへ転職!条件の良い看護師求人の見分け方

看護師が病院からクリニックへ転職すると仕事は楽になる?

病院からクリニックに転職すれば、残業もないだろうし楽そうというイメージを持つ人はかなり多いようです。しかしもし楽そうだからという理由で、クリニックへの転職を決めてしまうと後々公開する可能性があります。クリニックは病院と比較すると、スタッフの少ない状態で切り盛りしていかないといけません。

 

このため、看護師が受付から診療補助、会計、薬の処方全てを担当することもあります。また注射や点滴なども看護師が担当することもあり得ます。大学病院で勤務していた看護師の中には、点滴や注射は医者が行っていたのでほとんど経験のない人もいるでしょう。そのような人にとっては、最初の内は戸惑うこともあるはずです。

 

クリニックによって、患者数はかなり違ってきます。中には連日数多くの患者でごった返している所もあります。そこでクリニックに転職する場合には、業務内容や1日どのくらいの患者が訪れるのかといったことをしっかりと確認する必要があります。

 

看護師がクリニックへ転職するメリット1「夜勤がない」

クリニックの看護師になる最大のメリットは、やはり夜勤のない所でしょう。たいていのクリニックは入院病棟がありません。このため、その日の患者の診察がすべて完了すれば、後片付けをして帰宅できます。夜5時半から7時くらいの間までには帰宅できるはずです。

 

しかも基本的に勤務は平日だけになります。日曜日や祝日は休診日という所がほとんどなので、家族や友人とスケジュールを合わせやすくなります。規則正しく仕事ができるので、体調管理も入院病棟の看護師をしていた時と比較するとだいぶやりやすくなるはずです。

 

また精神面での負担もだいぶ軽減されます。病院で勤務していた時に、時折オンコールのかかってくることはありませんでしたか?不意にかかってくるオンコールにびくびくした経験のある方も多いはずです。クリニックの看護師の場合、このようなオンコールがかかってくることもありません。つまり心にゆとりを持って、仕事をしていないことはプライベートな時間を過ごせます。

 

看護師がクリニックへ転職するメリット2「長めの昼休みがある」

クリニックによって細かな所は多少の違いがあるでしょうが、一般的には9〜12時が午前診療で、16〜19時が午後の診療としている所が多いです。ここで着目してほしいのは、昼です。12〜16時までと4時間の空白があります。どこのクリニックでも4時間空くとは限りませんが、それでも2時間程度空白になる所はかなり多いです。

 

この時間帯をいかに活用するかが重要なポイントです。たとえば自宅の近くのクリニックで勤務するのであれば、午前診療が終わったところで自宅に戻り昼食をとるだけの余裕はあります。また朝早く出社するのであれば、この時間を利用して掃除や洗濯などの家事を済ませてしまってもいいでしょう。

 

結婚している看護師も、この昼休みはポイントです。たとえば自宅に戻る前にスーパーに顔を出して、食材を購入します。そして自分の昼食の他にも、夕食の準備をしてしまいます。数時間あれば、下ごしらえなどは十分できるはずです。そうすれば、夕食をすぐに家族に出せます。

 

クリニック勤務に興味があるならチェックしておきたい他の勤務先

上記のような『働きやすさ』に魅力を感じてクリニック勤務を希望しているなら「産業看護師」という働き方もいいのではないでしょうか?

 

企業内診療所や健康管理室でゆったりとした雰囲気の中で働くことができますよ!詳しく知りたい方は産業看護師を知りたい!企業の求人チェックの前に知っておきたいことをご覧ください。